ホーム 検索

ical - 検索結果

Bento 2 試食レポート4/5

大幅に遅れてしまった「Bento 2」のモニターレポート、締切後の第4回(第3回はこちら)。 本当に今更ですが、誰にも読まれずとも最後第5回まではアップします。『残り物は要らない』ですか?そこを何とか… http://macfan.jp/sp/2008/bento2/ 私は、専門学校で講義を行う上での簡単なメモを作ってみました。 成績や出欠、連絡管理は、教務担当で行われるので、あくまでも自分用のメモです。きっちり残しておくほどのことはないけれども、どこかにちょっとメモしておく内容にはマッチしているかと。 Bento起動後は、自動的にアドレスブックのグループや、iCalのイベントやタスクが反映されています。これをパーツとして、自分のデータベースを作っていくことになります。 まず、Bentoの「ライブラリ」と「コレクション」「レコード」を正しく理解するところが肝心です。 いろいろなデータが保存される一番大きな単位がライブラリ、ライブラリの中に保存されるいくつかのデータのかたまりがコレクション、そして1つ1つの個別のデータがレコードです。「ライブラリ」は、Mac OS Xでも使われている用語なので、ちょっと注意が必要かも。 テンプレートには、「クラス」や「生徒リスト」というそれらしいものがちゃんとありますが、ここはゼロの状態から作ってみることにしました。「新規空白ライブラリ」を選択し、「授業リスト」と名付けたライブラリからスタート。 ■並べるだけならとても簡単 とにかく、思いついた項目を、順番やレイアウトを考えずに、どんどん並べていきます。 「クラス」や「教室」「担当講師」「TA(ティーチングアシスタント)」などは、既定の候補の中からプルダウンメニューで選べるように、フィールドタイプを「選択」フィールドに設定します。「日付」「課題締切日」などは「日付」や「時刻」フォーマットにし、自由に入力できる「テキスト」フィールドも用意します。 ここで、受講者名も入れることにしました。アドレスブックにダミーで用意した受講者は、「メモ」欄に「受講者」という文字を入れて、「スマートグループ」で管理しているのでそれをそのまま参照。 ただし、このアドレスブックの「スマートグループ」は、Bentoの「スマートコレクション」とは連動していません。Bento側で改めて、メモに「受講者」という文字を含む人物だけを検索する「スマートコレクション」を作ります。 後は、この「受講者」スマートコレクションを、「授業リスト」ライブラリにドラッグするだけ。リストの左下のボタンをクリックし、表示されたリストにある受講者全20名のうち、出席者だけをドラッグ&ドロップします。ふむふむ、結構簡単かも。 Bentoでは、画面で表示している状態のまま、すぐにレイアウト編集できるようになっています。 FileMaker Proで言えば、「ブラウズ」と「レイアウト」モードをいちいち切り替えなくてもいいわけです。うっかり編集してしまう可能性もありますが、マウスだけでも簡単に操作できる点はなかなか快適で好印象。背景を右クリックして、「テーマ」を切り替える時に表示される波紋エフェクトが、無駄に素敵過ぎます。 もしかして、想像以上に使いやすい!? ■レイアウト調整したくてもできない! ところが実は、レイアウトの自由度は驚くほど制限されているのでした。 まず何と言っても、入力するフィールドのテキストは「テキストサイズ」を5段階に切り替えられるだけで、フォントを自由に変更できません。この仕様は、すぐには信じられませんでした。書き出したデータのパッケージを開いて、中味をゴニョゴニョやってみようかとも思いましたが、ちと自重。 はっきり言って、レイアウトの調整は「できることも、なくはない」レベルです。 例えば、フィールドを横2列に配置するレイアウトを選ぶと、左右にまたぐ横長のフィールドが混在できません。各項目の名前(ラベル)と、フィールドの並びや間隔を微調整したくても不可です。 ドラッグしたフィールドが自動的にそれなりにサイズ調整されるのはいいとして、複製したフィールドでも、ステージにドラッグするとサイズが変わってしまうので、そのまま属性を維持した複製になりません。ある程度のスペースを占めるフィールドを削除すると、レイアウトが勝手に調整されたりもします。 これが仕様なのだと知らないうちは、非常に操作しづらくイライラさせられましたが、辛いですね…辛過ぎます。 なぜ!?の気分を抱いたまま、最終回へ。 (息切れの第5回へ)

Bento 2 試食レポート2/5

「Bento 2」のモニターレポートの第2回(第1回はこちら)。 http://macfan.jp/sp/2008/bento2/ インストールしていろいろ触り始めていますが、まず、この製品の位置づけを正しく捉える必要がありそう。 「Bento」最初のバージョンのリリースは、2008年3月。当時のマイコミジャーナルさんの記事を読んで思い出しました。そうそう、前年の末にリリースされた英語版プレビュー版をダウンロードして試しました。 http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/17/my_first_bento/index.html 改めてオフィシャルWebサイトで「Bento 2」のチュートリアルやサンプルをざっと眺めてみることに。 http://www.filemaker.co.jp/products/bento/overview.html なるほど、活用できるデータベースの例として、旅行の記録やワインリスト、コレクションアイテム一覧に生徒名簿、連絡帳と、いろいろなバリエーションがある、と。 しかし、あれ?これは、どこかで見たような… Mac OSのオールドユーザーであれば、「HyperCard」から「クラリスワークス」、「AppleWorks」に至る、いわゆるカード型データベースの流れのどこかで一度はやってきた(やりかけて挫折した)ようなことと、全く同じ路線では!? ■さて、何に使おうか? 振り返ればいつか来た道。 すぐに思いついたのは、DVDや蔵書の管理です。しかし、その目的のためには、私はすでに「Delicious Library」というソフトウェアを持っているのでした。 http://www.delicious-monster.com/ これは、Mac内蔵のカメラiSightや、外付けのWebカメラなどで商品のバーコードをピッと読ませるユーティリティーです。いちいち入力しなくても、Amazonから詳細をプレビュー画像と共に自動的に読み込んでくれて、コンピューターの中に自分の仮想本棚を作ってくれる優れもの。しかも、最初に片っ端から登録しまくる「疑似レジ体験」を楽しんで?以来、ほとんど使っていないという体たらく…これはダメです。 では、CDの管理はどうか?私の場合、音楽の購入はもうiTunes Storeでデジタルフォーマットのダウンロード購入がメインなので、これも不要。 簡単なメモに使うか?しかし、その目的だと、Webサービスの「Evernote」を、PCとiPhoneから使っています(このレポートも、下書きをEvernoteで書いています)。 http://evernote.com/ ならば、ToDo?まさか!こちらもiCal+iPhone Appにシフト中。 困りました…一体、何に使えばいいんでしょう? いや、実はそういった「何を今更オールドテーマをニュースタイルで」的なことはもちろん了解済み。データをローカル環境に抱え込んで管理するというスタイルそのものが、自分にとって少し面倒臭く感じてしまうことすらも踏まえて、それでも何か今の環境ならではの目的に使えるのではないか、と。 できないことは?できることは?てか、果たして最後まで持つのか?このレポート… (第3回へ続く…はず) 4391622238

新しいデータベースBentoの味は?

やはり、考える人は、考えていてくれたんですね。 データベースアプリケーションFileMaker Proで知られるFileMaker社から、Mac OS Xプラットフォーム向けの個人用データベース「Bento」が発表されました。アドレスブックの情報やiCalのスケジュールを、プログラミング無しで扱えるツールです。 企業や個人の情報をアドレスブックに登録しているにも関わらず、FileMaker Proからそれを手軽に呼び出せないのは何とも歯痒く思っていました。そこにこの、いろいろなデータの幕の内弁当の登場です。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/14/news035.html そうは期待しても、食品偽装ブームの昨今、生産者の信頼は大丈夫なのかとか、変な虫が混ぜられていないかとか、気になります。 お弁当の方の話です。 もちろん、味の善し悪しはどうかとか、品揃えはどうなんだ、注文してすぐに出てくるのか、出先でも手軽に味わえるのか、オフィス街でも注目してもらえるのかとかも重要なポイントです。 しつこいですが、あくまでもお弁当の方の話ですって。 プレビュー版も公開されているので、早速ダウンロードしてみました(こっちは、信頼できる賞味期限が2008年2月14日)。残念なのは、サポートしているのがMac OS X 10.5 Leopardのみ、読み込めるフォーマットがCSVのみ、FileMaker Proのアドオンではなく別商品だということ。う〜む、ちょっと微妙か。 しかし、何が悲しいって、オールドユーザーとしては、「Bento」と聞いて、昔懐かしのAppleのテクノロジーOpenDocの方に思いを馳せてしまうこと。つまみ食いしている間に、それが全てで、結局デパ地下で人気商品になることもありませんでしたとさ。 http://apple.ism.excite.co.jp/page/OpenDoc.html さて、今度の商品の味や如何に?

10.5 Leopardメモ:Quick Look

Mac OS X 10.5 Leopardを使ってみた感想の3つめはQuick Look。今のところ、私が一番便利だと感じている新機能です。 Quick Look 私の場合、従来、画像ファイルのちょっとしたプレビューはその名の通り、OSに付属している「プレビュー」を使っていました。しかし、「プレビュー」だけでは全てのファイルをまかないきれないので、場合によってはAdobe Bridgeを使ったり、画像や音声、テキストも確認したいときには、iView Media Proなどのファイルカタログツールを使い分けていました。 これが、もうちょっと何とかならないか、わざわざ特別なツールを使う程ではないファイルを「手軽に、ちょっとだけ確認する」ことができないかと常々思っていたところに、Quick Lookの登場です。 使い方は、これ以上ないシンプル操作。ターゲットになるファイルやフォルダを選んでスペースバーを押すだけ。エイリアスでもOK。Boot Campパーティションにある一部のファイルもプレビュー可能です。 複数のファイルを選べば、簡単にスライドショーまでできます。さらに、Quick Lookウインドウを開いたまま、Finderでファイルを選択すると、選択したファイルのプレビューが次々に追加表示されるのが非常に便利。 サポートしているフォーマットは、もうほぼ何でもOKと言っても差し支えないほです。画像や音声、テキスト、PDFなどはもちろん、.3g2や.m4aも、.icnsや.icnのアイコンリソースもOK。.keyのKeynoteファイル(ただし、各スライドの最初の画面のみ 誤解しやすい表現でした、各ページの最初の絵は表示できますが、トランジッションは再現できません)も、.emlxのMailもアプリケーションを起動することなくプレビューできるのが非常に楽です。ExcelやWord、PowerPointといったOfficeだってサポート。フォントだっていちいちFont Bookを開く必要なし。HTMLやJavaScript、.plistのプレファレンスや.logなども覗けます。 …というより逆に、デフォルトで表示できないファイルを挙げた方が早いか。 IllustratorやInDesign、Flash、FileMaker Pro、Toastのようなアプリケーション特有のフォーマット(PhotoshopファイルはOK) Motion、iCal、システムプロファイラなどのApple製アプリケーション特有のフォーマット .weblodのURLクリッピング テキストクリッピング .swfや.flvのFlashドキュメント .zipアーカイブ (強いて挙げるなら).dmgのディスクイメージや.pkgのパッケージファイル、.dicの辞書ファイル、.dllなど ん?結構ある…? いやいや、Quick Lookの素晴らしい点の1つは、標準ではサポートされていないそれらのフォーマットを閲覧できるプラグインが、ユーザーやサードパーティ各社によって提供されていることです。上記のうちのいくつかは、既にそれらのプラグインを追加することで克服されつつあるようです。Adobe製品の各フォーマットに対応したプラグインが登場したら、強力ですね。 テキストクリッピング、ピクチャクリッピング http://hetima.com/soft/clippingql.html zip http://hetima.com/soft/hetimazipql.html...

Tips:Googleカレンダーを携帯でチェックしたい

対象OS:Mac OS X/Windows 便利度:★★★★★★★★(80%) 前日のエントリーの続き。 なぜ、わざわざiCalとGoogleカレンダーを連動させるかというと、私の場合、携帯のフルブラウザでもGoogleカレンダーを問題なく見たいからです。 スケジュールやTo Do管理は、確かに携帯独自のアプリケーションにもありますが、端末やフォーマットに縛られるなんてナンセンス。入り口がどこであれ、一度入力した情報はそれを効果的に管理したい。「閉じた」環境でしか使えないのは、二度手間三度手間になってしまいます。 最近、お世話になっているのは「Google Calendar Mobile Gateway」。Googleカレンダーを携帯からチェックできるWebサービスです。機能的に制限がある携帯電話のブラウザでも、ストレス無く閲覧可能なので、これでiCalで登録したスケジュールも、携帯で簡単にチェックできるようになります。 Google Calendar Mobile Gateway http://www.yamamoworks.net/gcmg/

お知らせ

- Advertisement -

人気エントリーから